集合住宅

投資マンションの運営を成功させるためにすべきこと

不動産投資向けマンション

貯金箱

収益物件とは

不動産投資マンションは通称収益物件と呼ばれています。この収益物件というのはマンションやアパート、ビルや駐車場などのことをいい、投資マンションは区分マンションや一棟マンションのことをいいます。最近では不動産投資ブームから区分マンションに投資する方が増えています。一棟マンションも条件が揃えば購入することができますが、一部分の方のみの限定となっており、区分マンションで数年間の経験されている方もしくは年収が800万円以上の方が対象となってきます。ただし、有名企業の方が優位ということになります。初めて行う投資マンションとしては区分マンションがオススメになります。区分マンションは金額が安く、失敗してもリターンが早くできるというメリットがあります。

良いマンションとは

投資マンションとして良いマンションというのは利回りが高いものをいいます。この利回りというのは、表面利回りと実質利回りがあります。表面利回りは家賃収入を購入金額を割った数値になり、実質利回りは家賃収入から管理費や修繕積立金などの様々な諸費用を引いて購入金額を割った数値になります。利回りが高すぎても本当にその家賃収入が継続できるかという点になります。不動産投資マンションは賃貸で入居者が入ってくれるからこそ成り立つ経営になっていますので、どれぐらいの家賃で貸すことができ、そのエリアではどれぐらいの需要があるのかということが大切になります。マンションの需要確認については、インターネットで検索し、同じ様な部屋がありふれていないかを確認しましょう。