集合住宅

投資マンションの運営を成功させるためにすべきこと

投資用のマンションとは

部屋

何故人気があるのか

不動産相場の好調さを背景に、投資マンション人気が続いています。ひと部屋ごとに購入できることで、サラリーマンでも副業として保有できる魅力が理由のひとつです。大きな資金を動かすことなく、家賃収入によりローン返済を賄えるのも人気の理由です。さらに近年、地価の上昇が著しい場所では、マンションの値上がりも顕著となっています。投資マンションで特に注目されているのが、タワーマンションなどの大規模なものです。これはそのスケールメリットにより資産価値が落ちにくいことが理由となります。さらにワンルームタイプの部屋を用意しているところもあるので、購入しやすいことも利点となります。家賃利回りも高いことから多くの人気を集めています。

どのような特徴を持つのか

投資マンションの目的はふたつです。収益性の高い物件を選んで安定収入を得ることと、売却により利益を得ることです。収益性を考慮する場合には、実際に得られる家賃から住宅ローンや税金、保険料に維持費などを差し引くことを考えることになります。また売却に得られる利益としては、それまでに支払ったローンの元本部分から値下がり分を差し引く形で算出することになります。もちろん、値上がりしているようであれば、その分も利益として確保することができます。投資マンションはその目的に応じて購入時の返済計画も変わります。住宅ローンの負担を減らして安定収入を増やすか、それとも持ち出し資金を抑えて短期売却を狙うのかということです。